読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kaiser chiefs アルバム"stay together"のこと

英国国民的バンドkaiser chiefsの6枚目のアルバムが2016/10/7に発売されました。

 

6枚目といっても、今までとは意味が違います。これまでのkaiser chiefsといえば、ヴォーカルのぽっちゃりしたRicky Wilsonとバンドマスターでありドラマー、そして作曲を主に行っていた"イケメン"Nick Hodgson氏がフロントマンとして率いるバンドでした。しかしNickが円満脱退した後、Rickyはまず痩せました。いろいろあってマラソンで痩せました。

 

そして世界中で人気のオーディション番組であるThe Voiceのイギリス版に審査員として出演するようになりました。そこで見事にTVの人気者として痩せた姿が視聴者に定着しました。TVでの活動は音楽のためと言い切っていたRickyでしたが、アルバム発売に向けて、とギタリストSimonと二人をメインに露出をするようになりました。そして肝心の音楽はと言うと、ダンスミュージック寄りになりました。

 

心配事としては、Nickについていた沢山のファンが減るんじゃないかということ、これまで音楽を作っていた人がいなくなったのだからこれからどういう音楽を作るのかということがありました。そもそも彼らは柔軟に自分たちの「かたち」を変えつつ芯を貫くことはわかっているのだけれど、今回は芯が変わってるので・・・

 

今までのkaiser chiefsの音楽は、Buzzcocksブリットポップ勢の影響が垣間見える曲で、そこにシニカルで知性と頑張りに溢れた歌詞がのっているところが大好きだったのですが、少しずつリリースされた音を聞いてだんだん不安になってきました。私はアルバムだとAngry Mobが一番好きで、あれはNickの色が強すぎるくらい強いと思っています。

 

果たして私は新生kaiserにフィット出来るのか。私は好き嫌いが激しいので、嫌いな音には嘘がつけないだろう。でもkaiserを嫌いになりたくない。そう思って、youtubeに上がった公式のMVもちらっと見るだけで、発売日の様子も公式やメンバーの動向をチェックしていたにも関わらず、買ったまま聴いていませんでした。

 

そしていい加減に向き合わなきゃいけない、と今日ようやく聴いてみました。一曲目が流れたとたん「はぁっ!?」と言ってしまったんですけど……あ、これ好きだ。あ、全然好きじゃん。なんだ、うわぁ、と語彙の無さを発揮して聴き入ってしまいました。打ち込みでも懐かしさの残るおしゃれなビートで、落ち着いて歌い上げるRickyの表現力がはるかに増幅したと思います。"Sunday Morning"なんてかっこいい…歌詞も最高(アルバムの中で比較的地味な曲を好きになるタイプ)。正直聴いてて涙ぐみました。大好きです。新生kaiser chiefs大好きです。

Kaiser Chiefs|カイザー・チーフス 日本公式サイト